本文へスキップ

ドッグヘルパー ワン バイ ワン 老犬の介護、介護アドバイス、アンチエイジング・エクササイズ

お問い合わせTEL.090-2404-4160

神奈川県三浦郡葉山町長柄705-503

老犬訪問介護 ドッグヘルパー One by One

老犬介護コラム

身動きとれないよ〜、助けて! 

老犬によくある「身動きがとれなくなる」状態。
ちょっと見直して、ワンコが安心して過ごせる部屋に♪

うちの看板犬イーナ。

日中は、リビングでほとんどの時間を過ごしています。
ソファーがあるのですが、床とソファーの間に7〜8センチの隙間があり、
よくボールやおもちゃが中に入ってしまいます。

それをがんばって取りに行くのですが・・・

突然、「クゥ〜ン」と聞き慣れない声が聞こえてきた、と思ったら

老犬介護コラム 身動きがとれない老犬
イーナ、ソファーと壁と他の家具の隙間で
身動きがとれなくなっていました(汗)。


まあ、本人(犬)の表情は、悲しいというより
ちょっと困っちゃった、という雰囲気でしたが(笑)

老犬介護コラム 身動きとれないワンコ

この後、すぐにイーナの手前にあった照明器具を
ずらしてレスキューしたわけですが、、、

シニアなワンちゃんにとってこういうことは
本当にたくさん起ってきます。

特に、白内障で眼が見えにくくなってきた場合、
匂いをたよりに壁や家具をつたって家の中を歩き回るのですが
家具と家具の間のちょっとした隙間などで身動きがとれなくなることが多いのです。

どういう所で身動きをとれなくなるかというと・・・

老犬介護コラム 危ない隙間

先ほどイーナがはまっていたような
家具と家具の間。
特にこんな風に、コードが垂れていたりすると余計危ないですね。

もし、オーナーさんがいなければ
数時間もこういう場所にはまって身動きがとれなくなることも・・・。
(けっこう多いです)

シニアになってくると、方向転換する感覚や
運動能力が弱くなってくるんです。

こういうリラックスチェアも。
チェアと壁の間だけではなく、チェアの下などにはまる場合があります。

老犬介護コラム リラックスチェア

年をとってくると頭を支える首の筋肉が弱くなってきたり
首の関節が痛くなってきたりして
首が下がってきてしまいます。

常に首を下げて歩くシニアワンコもいます。
すると、若い頃にはハマったことがない所にハマります。
これは本当に予測不可能な場所だったりします。

例えば、こんな普通のいす。
どこにはまるの?と思うかもしれませんが
この足と足の間に頭をつっこんで身動きがとれなくなる可能性もあり!です。

老犬介護コラム いす

お散歩がわりに庭に出ていたシニアワンコが、庭のフェンスに首がはまり
そのままになっていたシニアワンコもいます。

これを防ぐには、危ない隙間をなくすことです。
余計な物を撤去して、シニアワンコの足下も安全に。

「家の中を全部気をつけるのは大変!」
と思いますよね〜。そうだと思います。
ならばシニアワンコがいる居住スペースだけでも気をつけると良いと思います。

もしくは、市販されているゲート、仕切り、キッズサークル等を使って
シニアワンコ専用の安全エリアをつくってみては?

愛犬が、
「身動きとれない、たすけて〜」
と、ならないように時間のある時に
お部屋の点検をしてみてはいかがでしょうか?

shop info店舗情報

老犬訪問介護 ドッグヘルパー ワン バイ ワン

〒240-0013
神奈川県三浦郡葉山町705-503
電話 090-2404-4160
メール terai@oneby.jp

シニア犬に優しい快適ベッド 低反発マットレス
ドッグケア防水マットレス(低反発)

愛犬の アンチエイジング・エクササイズ セミナー


愛犬と楽しめる
バランスボールを始めませんか?

老化予防に効果的なエクササイズとは


フォトギャラリー



特定商取引法に関する表示

リンク集 | リンクについて
サイトマップ